「…意外!?」接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉3選

 JS745_kurowasaen

おはようございます、大森篤志です。

今回は『接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉』を3つご紹介します。

一見すると「普通では!?」と思えるこれらの言葉。

でも、リピート客を増やしていく一流のサービスを目指しているのであれば、気をつけておく必要があります。

 

接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉:

  1. 「こちらがコーヒーになります」
  2. 「千円からお預かり致します」
  3. 「ご注文は以上でよろしかったでしょうか?」

 

接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉

お客様に商品を提供するときに、正しいと思って使ってしまうフレーズ。

それが「こちらがコーヒーになります」というフレーズです。

 

他にも、「こちらが牛フィレ肉のステーキになります」などと言っている方もいるでしょう。

でも、「なります」という言い方はおかしいのです。

 

本来「○○になります」というのは、「○○が△△になります」というように使うもの。

そのモノの状態が変わったり、時間が経過したときに使う言葉です。

正しくは「こちらがコーヒーでございます」「こちらが牛フィレ肉のステーキです」という表現ですね。

「なります」は使わない方がいいですよ。

 

接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉

お客様からお金を受け取る際に、正しいと思って使ってしまうフレーズ。

それが「千円からお預かり致します」というフレーズです。

 

本来「○○から」というのは、「東の方から」や「昨日から」など、

方角や場所、開始時間などを表すのに使う言葉です。

 

ですから、「千円からお預かり致します」という表現は存在しません。

正しく言うのなら「千円をお預かりします」という表現になります。

 

接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉

お客様の注文を確認する際に、正しいと思って使ってしまうフレーズ。

それがご注文は以上でよろしかったでしょうか?」というフレーズです。

 

ダメな部分は「よろしかったでしょうか?」の部分。

「○○がお一つ、○○がお一つ、以上でよろしかったでしょうか?」と、何の疑問も持たずに使っている店員さんは驚くほど多い。

 

本来「よろしかったでしょうか?」と過去形で確認するのはおかしなこと。

すでに完成した商品をお渡ししているわけではありませんので…

 

正しい日本語は「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」という現在形の表現になります。

 

まとめ)接客やサービスのシーンで使うと恥ずかしい言葉

1.  ×「こちらがコーヒーになります」
     → ○「こちらがコーヒーでございます」「こちらがコーヒーです」
 
※「なります」はNG

2.  ×「千円からお預かり致します」
     → ○「千円をお預かりします」「千円でよろしいでしょうか?」
   
※「から」はNG

3.  ×「ご注文はよろしかったでしょうか?」
     → ○「ご注文は以上でよろしいでしょうか?」
     
※「よろしかった」はNG

商品を提供する側が「おかしな日本語」を使うと、提供される側は不安になってしまいます。

接客業やサービス業であるのなら、率先して「リピートされないお店作り」をしているようなもの。

リピート客を増やしていく一流のサービスを目指しているのであれば、言葉の音色も含め「正しい言葉遣い」をするように心がけましょう。

 

▼ この記事を読んだ人は、こんな記事もチェックしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ