インテリジェンスを感じる大人フレーズ2つ。

 a0008_001880_m

こんにちは、大森です。

このコラムを読めば、『インテリジェンスを感じる大人の受け答え』が身に付きます。

 

受け答え:

  • 「願ってもないお話です」
  • 「やぶさかではありません」

 

大人の受け答えができれば、その後の話も好転する!?

受け答え①:「願ってもないお話です」

 

あなたにとって嬉しい依頼があったときは、気持ちを込めて返したい言葉。

それが、「願ってもないお話です」というフレーズです。

 

「その件に取り組めることは、私どもにとって願ってもないお話です」

などと用いるといいでしょう。

 

具体的な要件に触れる前に、

『自分がその話にどれほど高い関心があるかを伝える』ことで、

その後の話をスムーズに進めることができます。

 

こちらの高い関心度が相手に伝われば、

「そこまで言ってくれるのであれば、別件もお願いしたい」と思わぬチャンスが巡ってくることもあるでしょう。

 

  • 「その件について、承知しました」
  • 「その件を引き受けるのに問題はございません」

などの形式的な返答ばかりではなく、『関心を示してから引き受ける』よう心がけてみてください。

特に目上の方からの依頼には、ぜひとも用いて欲しい受け答えですね。

 

大人の受け答えができれば、場に適度な緊張感をつくれる

大人の受け答え②:「やぶさかではありません」

 

とりわけビジネスシーンにおいて、相手の要求に応じるときに用いる言葉。

それが、「やぶさかではありません」というフレーズです。

 

「やぶさか」には、『ためらう』という意味があります。

それを打ち消す意味で「やぶさかではない」という言葉があり、

『ためらわない=迷いがなく、進んで要求に応じる』という意思表示になるフレーズだと言えます。

 

「その件を引き受けることについて、やぶさかではありません(笑顔)

 

こんなふうにサラッと使いこなすことができれば、

「この人は仕事ができる。こちらもしっかりしなければ」と相手に適度な緊張感を与えることもできるでしょう。

 

もともとビジネスライクな固い言葉ですから、できるだけ柔らかい印象を与えるように笑顔でサラッと使う。

今のご時世は、これがポイントです。

 

それでは、また次回をお楽しみに!

 

▼ この記事を読んだ人は、こんな記事もチェックしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ